知っておきたい!保育士になるための2つの方法

保育士のニーズと資格取得の方法

保育士のニーズは高まっていると言われており、職場の種類もさまざまあります。資格を持っていれば、保育園で働くことができるほか、子どもを預かるさまざまな公共施設や民間施設で働くことも可能です。ただし保育士の資格を取得するためには、まず学歴などの一定の条件を満たす必要があるため、誰にでもすぐに取得できるというものではありません。資格を取得するための主な方法としては、「指定保育士養成施設」の学校を卒業するか、または「保育士試験」に合格する必要があります。

「指定保育士養成施設」を卒業して資格を取る

指定保育士養成施設とは、厚生労働大臣が指定した、保育士を養成するための学校や施設のことで、「保育士養成課程」を設けた4年制大学や短大、そして専門学校などがそれに相当します。そしてこれらの学校で、所定の保育士養成課程の単位を取った上で卒業すると、試験なしに保育士の資格を得ることができます。つまり高校卒業の段階で保育士を目指す場合は、指定保育士養成施設の各学校へ進学するのが一番の近道だと言えるでしょう。

「保育士試験」に合格して資格を取る

保育士を養成する学校などを卒業していない場合は、保育士試験に合格することで資格を取得することができます。試験を受けるための条件としては、4年制大学や短大などを卒業していること(または卒業見込み)などの学歴に関する細かい規定がありますが、学部や学科等の種類は問われません。また、学歴が高卒の場合は児童福祉施設での実務経験が2年以上必要になり、中卒の場合は5年以上の実務経験を積んでいることが条件になります。

保育士が不足している経済事情がありますが、工夫された保育園での求人募集をすることにより、人材確保に役立てている保育園が多くなってきています。