そうだったの!?アルバイトの時給や種類について解説します

25歳以下の半分以上がアルバイト

アルバイトとは非正規雇用の一種です。ちなみに知らない方も多いと思いますが、アルバイトという単語はドイツ語で労働を意味する言葉となります。明治時代に密かに使われていた単語が広まり、一般的に良く使われる言葉として浸透しました。また、現在働いている25歳以下の半分以上が正社員ではなく、アルバイトであるというデータが存在しています。アルバイトには様々な仕事やスタイルのものがあります。この記事ではアルバイトについて紹介していきます。

多様化が進んできている

アルバイトには様々な仕事があり、多様化してきています。最近では面接なしではじめる事が出来る仕事も多くなってきていますね。工場や土木系、引っ越し系のアルバイトなどに即日で働く事が出来るものが多いですね。例えば、工場のお仕事には物流、運搬、組立などをはじめとして多くの種類があるんですよ。その中でも特に時給が高いのは、物流や運搬系のお仕事ですね。物流や運搬系の仕事では、クレーンやフォークリフトなどの重機を使う事が多いです。

物流や運搬系のアルバイト

物流や運搬系のお仕事には時給が高い仕事が多いです。しかし、クレーンやフォークリフトなどの重機を扱うには運転資格を取得しなければなりません。運転資格を取得する為には重機の技能講習を受ける必要が出てきます。ちなみに重機を扱う資格を取得していなくても、出来る仕事はあります。トラックで荷物を運び込む仕事です。ですが、重機を扱う仕事よりも時給が低い事が多いようです。この事から、高収入を狙いたいとお考えの方には資格取得をおすすめします。

住み込みの求人は、会社の指定の寮などに住み、仕事場に通うスタイルの仕事の募集です。マンションの管理人や家政婦などが代表的です。