何歳から介護を行い、何歳から介護されますか?

増加傾向である老老介護

現在、高齢者の増加、若者の減少による老老介護という言葉をよく耳にするでしょう。実際、自宅においても施設においても、高齢者が高齢者の介護をしている姿を目にすることが多くなっていますよね。介護を行っていて痛みが生じる、よく聞かれる話です。老老介護となってしまっている、現在の後期高齢化はすぐに改善されるものではありません。そのため、老人を何人で介護していくのか。周囲との協力がとても大切になってくるのではないのでしょうか。

増える高齢者に対する施設の増加

最近自分の家の周囲に老人施設が増加していると感じることでしょう。高齢者が増加し、施設の数が増える。良いサイクルと感じるかもしれません。しかし、完成している施設で誰が働きますか?施設が増加する一方で職員不足に悩まされているのが現状です。マンパワーが不足する→労働者の負担が増加する→退職者が増加するといった負のサイクルが生じやすいでしょう。退職者を減らすための配慮、そのことが現在の施設増加による人手不足に重要な役割を果たしているのではないでしょうか。

介護をするということ、介護してもらうということ

介護にとって一番重要となってくることは、気持ちであると感じます。介護を好き好んで行える人は心の温かい人でしょう。介護する人が全員心が温かい人であれば一番いいことですよね。しかし、そうでない人もいるということが現状ではないでしょうか。その時に重要となってくることは、介護してもらう人の気持ちでしょう。感謝されて嬉しくない人はいないですよね。心に少ししか余裕がない人も感謝の言葉で、心が温かくなるかもしれませんよね。介護する人、介護される人双方の気持ちが大切となるでしょう。

介護の派遣でしたら、自分の都合に合わせて働くことができます。ですから、家事や育児との両立ができたり、プライベートを優先しながら働くことができます。