保育士になるためには?保育士の資格と就職先について

保育士には資格が必要?就職先はどんな場所があるの?

保育士に憧れるという人は多いのではないでしょうか。そもそも保育士になるためには、国家資格の取得が必要です。資格は、大学や短大、専門学校で取得できますが、厚生労働省が認定した養成校であれば、卒業と同時に保育士の資格を取ることが可能です。また、通信講座を利用して勉強する方法もあります。さて、資格が取れたらいよいよ就職活動です!就職先にはどのような場所があるのでしょう?主な就職先として、保育園や保育所、託児所などが考えられますが、その中で最も人気なのが保育園です。保育園がないという地域は少ないですから、毎年採用しているケースが多いのです。

保育士として幼稚園に就職することは可能?

幼稚園への就職を検討している人もいるでしょう。実は、保育園と幼稚園には少し違いがあるのです。幼稚園への就職には、保育士資格とは別に幼稚園教諭の教員免許が必要なのです。ただ、国から指定された養成校では、幼稚園教諭の免許も取得できるケースが多いです。つまり、保育士資格と幼稚園教諭免許の両方が取れるということです。この2つの資格の違いは、知られているようで意外と知られていません。両方の資格を持っている方が就職に有利になることは間違いありませんが、就職先によって必要な資格が異なりますので、保育士になりたい人は、必ず保育士の国家資格を取得してくださいね。

需要が高まっている保育士

保育園の他にも、保育士として勤務する場所はいろいろあります。最近増えているのが、ショッピングセンターなどに設置されている託児所です。ここには、常駐の保育士が必要なためニーズが高まっています。また、コンサート会場などに託児所を設置していることもあります。それ以外にも、障害者施設や福祉施設、病院など、保育士の活躍の場はたくさんあります。このように、年々保育士の需要は増えてきています。子供が大好きで保育士になりたいと思っている人にとっては、幅広い就職先があるのは嬉しい情報でしょう。結婚して出産した後も、また活躍できる仕事であることも魅力の一つですね。

若い夫婦に人気のある横浜では子育て世帯が多いため保育園も多く、保育士の求人なら神奈川県で探せば好条件の求人が多くあります。